読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイートするには長いこと

TLだと収まりが悪い長文を書いたり貼ったり

好き

私の友人のなかで、最も尊敬できる人はいつも好きなこと、嬉しいことばかり話す人だ。

SNS上でも、会話でも、他者に対する批判や中傷をほとんど口に出さない。

 

私は好きなことも発するし、嫌いな人や事についてもよく喋る。

でもその友人のようになりたくて、最近は個人的な負の感情をどうにか発しないよう努めている(結局発するんだけど…)。

 

「自分の好きは誰かの嫌いだ」

勿論この概念を気にしすぎると、何も発言できなくなるだろう。

しかし「好き」であることと「排他的」であることは違う。

自分の「好き」しか認めない、他は無くなればいい、という態度を取るのは、内々的にはあることだが表出すべきではないだろう。

 

最近、自分の苦手なものに気づいてひどくショックを受けたが、その傷は表出するのではなく、そっと持つだけにしておこうと思う。

忘れる

情報社会たる現代では、出来事が驚くほどの早さで風化していく。

 

 

人間にとって忘れるという機能は生きる為にとても重要である。

悲しい出来事や辛い経験を抱えたままでは生きていけないからだ。

乗り越えるためには、悲しみや苦痛を少しずつ忘れ、薄めていかなければならない。

 

でも、忘れるということは、無くなるということではない。

今は見えなくして、思い出せるようにするだけだ。

だから、大事なことはいつも思い出せるようにしておこう。

行動

今日、講義で隣に座っていた見知らぬ学生がアナと雪の女王のグッズを持っていた。そこに書かれていた英文

 

"Only the act of true love will thaw a freezing heart"

 

気になってグーグル翻訳にぶっ込んだら

 

「唯一の真の愛の行動は、凍結心を解凍します」

 

多分ホントはこんな感じ

 

「真の愛の行動こそが、凍った心を解かす」

 

とても月並みだけど、ちょっと感心した。ポイントは「真の愛」ではなく「愛の行動」という"act"がついてるところ。

「愛情は行動に示してこそよ」と自分の好きな漫画の登場人物は言った。この愛情は恋愛感情を指していたけど、

世にある愛と言葉のつく感情全ては行動に示してこそだと感じる。

 

やはりアナ雪は良い作品だ。

 

講義メモ ポピュリズムについて

大統領選を受けてマスメディアについての講義が急遽ポピュリズムについてに変更になった(時事についてよくやる先生なのでそんな気はしていた)

以下メモ

 

 

・そもそもポピュリズムとはある共通点をもつ集団を敵(権力者などを敵と見立てて)と戦わせることで集団の一体感などを得ることである

・国際関係や経済は孤立主義的、移民など集団の条件に属さない者に対しては排斥的、その他反体制、富の再分配などの特徴を持つ

・トランプ氏を始め、スイスやフランスなど欧州の首脳選におけるポピュリストの候補者は軒並み、自身が名家の出身で裕福でありながら、反体制と富の再分配を訴え、貧困層を取り込んでいる

ポピュリズムはいまに始まった事ではなく、古くは19世紀アメリカの人民党結成や大恐慌時代のヒューイ知事など、経済が不景気になると度々登場する

ポピュリズムとナチズムには通じるところが多い(他民族の迫害など)

 

 

講義ではあえてポピュリズムの良い面を考える場面や(先生はポピュリズムに反対の立場)、自身がトランプ氏のターゲット層(貧困層)だったら支持するかといった問いかけが登場し、答えた学生には「自分が白人貧困層なら投票するかもしれない」という人も多かった。

また各国のポピュリストの多くは反同性愛を表明していた。

自我

https://twitter.com/cxp02120/status/796541604345561088

 

https://twitter.com/cxp02120/status/796542152176271364

 

https://twitter.com/cxp02120/status/796543413420179456

 

https://twitter.com/cxp02120/status/796544416307642368

 

https://twitter.com/cxp02120/status/796546079969910785

 

https://twitter.com/cxp02120/status/796547193511481344

 

https://twitter.com/cxp02120/status/796549855531401217

 

 

昨日貼った書評に書かれていた白人労働者階級の話にもつながる話。

自我とはなんだろう。自尊心はどのように保てばよいのだろう。

少なくとも、他者を迫害することが自我の確立である世界にはならないでほしいと思う。

 

綻ぶ

https://twitter.com/shaunking/status/796525247923191808

 

https://twitter.com/clarencehilljr/status/796542316286791680

 

https://twitter.com/shaunking/status/796551437467664384

 

https://twitter.com/shaunking/status/796550312215646209

 

https://twitter.com/shaunking/status/796548930238640129

 

 

こんなにも早く世界が綻び始めるとは。

勿論、私が見てなかっただけでこうした被害に遭っていた人はいたんだろうけど、トランプの名前を使って差別と攻撃をし始める人はこんなにいたとは。

 

昨日からよく「安倍政権下の日本人が言えない」という旨のツイートをよく見るが、確かにトランプ氏を選出したことについてアメリカ人を批判することは出来ないかもしれないが、この状況を批判する目を持つことは今後の自分達にとって必要だと感じるので、必要以上に皮肉したり刺したりするのはやめた方が良いと思う。

幸と不幸

アメリカ大統領選のあれこれを見て、

他人が幸せになることは自分の不幸につながる、と感じる人の多さを実感した。

 

 

https://twitter.com/yowatanabe101/status/793623971589750784

 

 

誰かのせいで、自分は不幸だ。

ずっと不幸な人はだいたいこう思っている。

他人の幸せのために、自分の幸せが奪われている。

こう感じるとき、大抵間違っているのは方法や環境であって他人ではない。

 

 

他人の幸せは、自分の不幸ではない。

強者でいることは、弱者を食らうことではない。

人間として生きることは、弱肉強食ではない。

 

 

http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1463546664

 

https://twitter.com/makimuuuuuu/status/796268522514984960

 

 

…理性を持った人間ならば、理性的に生きたいものである。