読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイートするには長いこと

TLだと収まりが悪い長文を書いたり貼ったり

講義メモ ポピュリズムについて

大統領選を受けてマスメディアについての講義が急遽ポピュリズムについてに変更になった(時事についてよくやる先生なのでそんな気はしていた)

以下メモ

 

 

・そもそもポピュリズムとはある共通点をもつ集団を敵(権力者などを敵と見立てて)と戦わせることで集団の一体感などを得ることである

・国際関係や経済は孤立主義的、移民など集団の条件に属さない者に対しては排斥的、その他反体制、富の再分配などの特徴を持つ

・トランプ氏を始め、スイスやフランスなど欧州の首脳選におけるポピュリストの候補者は軒並み、自身が名家の出身で裕福でありながら、反体制と富の再分配を訴え、貧困層を取り込んでいる

ポピュリズムはいまに始まった事ではなく、古くは19世紀アメリカの人民党結成や大恐慌時代のヒューイ知事など、経済が不景気になると度々登場する

ポピュリズムとナチズムには通じるところが多い(他民族の迫害など)

 

 

講義ではあえてポピュリズムの良い面を考える場面や(先生はポピュリズムに反対の立場)、自身がトランプ氏のターゲット層(貧困層)だったら支持するかといった問いかけが登場し、答えた学生には「自分が白人貧困層なら投票するかもしれない」という人も多かった。

また各国のポピュリストの多くは反同性愛を表明していた。